<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">

さくらい動物クリニック

ご予約・お問い合せは、0898-55-8331 ホームページを見たとお知らせ下さい。〒799-1521 愛媛県今治市古国分2丁目1-3

ブログ

椎間板ヘルニア

私事ですが、先月から犬を飼い始めました。

ミニチュア・ダックスフンドのスムース(♂)6か月、名前はじゃこ天です。

純血種はその子その子でかかりやすい病気があるので、ダックス特有の病気に気を付けたいです。

ダックスで1番多い病気は椎間板ヘルニアです。 短い足に長い胴なので、腰に負担がすごくかかります。

そのため隣り合う2個の脊骨の間にある椎円板の核と呼ばれる部分や、円板そのものが変形して飛び出すことで脊髄を圧迫し、痛がるようになるのです。

椎円板は首から腰にいたる全ての背骨に挟まっていますので、基本的にどの部分でも発生します。

椎間板ヘルニアにはグレードがあり、

痛みだけ【グレード1】⇒痛みと軽度の運動障害【グレード2】⇒反射の消失と中度の運動障害【グレード3】⇒完全に動かないが痛みは感じる【グレード4】⇒完全に動かず痛みも感じない【グレード5】という順番で高まります。

完全な予防は難しいですが、太りすぎないことや段差を避けることが大切です。

じゃこ天はご飯もおやつも大好きなので、心を鬼にして与えすぎないように気を付けています!

ダックスやコーギーのような胴長の短足ちゃんは椎間板ヘルニアに十分気をつけてあげてください。

じゃこ天のチャームポイントはいがんだしっぽです。

生まれつき猫の鍵しっぽみたいになっていたそうです。

よろしくお願いします。

動物看護師 片山